[鬼は……どこ?] 


●topに戻る   ●短編集のトップに戻る

 どこか遠くで、部屋のドアが開く音がした。
「大学が休みだからといって、こんな時間まで寝ていてはダメだぞ」
 涼しげな女性の声。
 俺の彼女、クーの声だ。
 軽やかな足音を立てて、俺の寝ているベッドの横を通り過ぎる。
 カーテンが開け放たれた。
「うおっ、まぶしっ!」
 目が潰れるかと思う。
 俺はベッドの上で、まばゆさに顔をしかめながら彼女を見上げた。
 彼女はチラ、と俺を見てかすかに笑う。きれいだ。
 窓のほうに向き直り、それも開けた。
 冷たいけれど、清々しい風が顔をくすぐる。
 彼女はベランダに出た。
「ふぅ……キミの部屋からの眺めは、いつ見ても良いな」
 俺の部屋は十階にあるし、ベランダ側は高いビルも少ない。
 いわゆる住宅街だ。遠くには山も見える。
 俺は寝返りを打って、その後ろ姿を見た。
 彼女は、ちょっと子供のように、手摺りに腕を乗せている。
 長い黒髪。ヒッコリーのジャケットに、ごく短いタータンチェックのスカート。
 形の良い尻を包むそのスカートの中から、引き締まった長い脚が伸びている。
 スカートが一瞬、風でヒラリ、と翻る。
 俺は神速で枕を跳ね飛ばし、頭をベッドに押しつけ、覗く。
 ……うーん、惜しい。ギリギリで見えなかった。残念だ。
「ちぇ……」
 小声で言うと起き上がって、話しかけた。
「クー、気をつけろよ」
 彼女は、ゆっくり振り返ると、そのきれいな瞳で俺を見つめた。
「ありがとう。キミは優しいな」
 ほほや髪に、まだ微妙に朝の香りが残る日射しが、柔らかく反射している。
「おはよう」
 彼女の形の良い唇から出た遅い朝の挨拶が、ふわりと俺の心に響いた。
「あ、ああ。おはよう……ってそんな時間じゃねーよ」
 彼女は少し首をかしげた。長い髪がサラリと肩を流れる。
「それはキミ自身の所為だろう」
 普通に聞けば、ケンカを売ってるような言葉。
 でも、彼女の声には責める調子もなく。
 上からものをいう感じでもなく。
 ただ、優しく微笑むように。

 ふいに彼女がつぶやく。
「そうか。しまったな」
 自分の手を唇に持って行く。
「せっかくキミが寝ていたんだから、キスで起こしてみれば良かった」
「はぁ?」
 俺はドキッとして、頓狂な声を上げた。
「まあ、また機会はあるか。キミは、お寝坊さん、だからな」
 お寝坊さん、という可愛らしい言葉が彼女の口から出た時、俺は急に恥ずかしいような、こそばゆい気持ちになった。

「さて、今日は節分だ。豆まきをするぞ」
 そういえば、今日は二月三日か。
 クーは持っていた革製のシンプルなトートバッグから、新聞紙を取りだし、それを俺の寝ていた部屋とベランダに、手際よく敷き詰めた。
 すげえ。さすがだ。用意がいい。
 次に彼女はバッグから、なにかコンビニ袋に入ったものを取り出した。
「これは、わたしが用意した節分セットだ」
 袋の中からラップで包まれた、炒り豆の入った升を取り出し、俺に渡す。
「キミが豆をまいてくれ。わたしは鬼になろう」
 そういうと袋から今度は、鬼の面を出した。
 厚紙に鬼の顔を描いて、切り抜いたものだ。
「がんばって描いてみたんだが、どうだろう」
 クーの画才は認めよう。あまりに禍々しい。持ってるだけで呪われそうだ。
「す、凄いと思うよ」
 俺が褒めると、彼女は無表情ながら、でも、嬉しそうに頷いた。

 彼女は荷物を置き、面を被る。
「さあ、始めてくれ」
 彼女はすっくと立ち上がって、太陽を背に俺のほうを向いた。
 長い髪が風に吹かれて面に絡む。背の高さもあって、なんだか本物って感じだ。
 くり抜かれた目の穴から、鋭い眼光が見える。
「どうした……」
 彼女が一歩、前に出た。
 俺は、びくっとなった。怖い。
「何をしている……?」
 面で籠もった声が、彼女の声ではないように聞こえた。
 そんなバカな……でも、俺の足はすくんでいる。
「なぜ……豆を投げないんだ」
 また一歩、近づく。
 俺は言い知れない恐怖を感じた。
「う、うわぁぁぁっ!」
 思わず、豆を思いっきり投げつける。
「ひゃんっ?!」
 彼女は彼女に似つかわしくない悲鳴を上げて、しゃがみ込んでしまった。
 俺は我に返った。
「あ、ごめん、その……」
 マジで怖かったとは言えない。恥ずかしいし、それに彼女を傷つけてしまう。
 彼女はうずくまって震えていた。
「痛い……」
 俺はそばに寄って、しゃがむ。
「だ、大丈夫?」
 俺は面を取ろうとする。
 だが、彼女は顔を横に振って、拒否した。
「痛いのは、心だ」
「へ? どういうこと?」
「確かに、あんなに思い切り豆を投げつけられるとは思っていなかったから、驚いたのもある……」
「うう、ごめん」
「いや、良いんだ。それよりも……」
 頭をうなだれる。
「自分から鬼をやると言っておきながら、キミに豆を投げつけられると……」
 涙声になる。
「もの凄くつらいんだ……」
 彼女は自分の胸の前で、拳を握りしめた。
「愛する人に、酷い仕打ちをされているように感じてしまう、わたしがおかしいんだと思う。でも、でも……」
 俺は両手で、その強く握られた拳をそっと包んだ。
「いや、そんなに俺のこと、想ってくれて、あ、ありがと」
 もの凄く照れる。
「え、えと、んじゃあ、今度は俺が鬼になるからさ」
 彼女は、軽く頷いた。
 俺はその面を取る。
 彼女の顔を見ると、瞳は赤くなり潤んでいた。
 無言で俺の目を見つめてくる。
 何かに、すがるような眼差し。
 半分開いた口唇が、なまめかしく光っている。
 俺は自分の顔が紅潮するのがわかった。
 彼女のピンクの唇が動いた。
「キス、したい」
 思わず、それを受け入れそうになった。
「って、いやいや、ここベランダだし、昼だし、その」
 逃げるように立ち上がろうとすると、腕を掴まれた。
 くるりと、まるで社交ダンスのように振り向かされる。
 俺はとっさに面を被った。
 彼女は鬼の面の上からキスをした。
 彼女は、少しムッとしたようだ。
「キミは酷い男だ」
 彼女は俺の手から升を奪い取った。
 素早く後に三歩離れて、大リーガーのようなフォームで豆を投げつけようとする。
「うひー!」
 怯える俺。
 だが、彼女のモーションが途中で止まった。
「……どうしたの? クー」
 彼女は、静かに豆を升に戻す。
「できない。キミが酷い男だとしても……鬼の役だとしても……愛する人に、豆とは言え、物を投げつけるなんて」
 ああ、そうか……。彼女の性格なら、そう思うよなぁ。
 彼女は暗い表情でつぶやいた。
「わたしは一体、どうすればいいんだ」
 俺は面を取って、彼女に笑いかける。
「じゃあ……」
 面をベランダの物干しに吊した。
「これでいいんじゃない?」
 彼女は、大きく頷いた。
「さすがキミは冴えているな。これで思い切り、豆が投げられる」
 嬉しそうだ。
「じゃあ、やろうか」
 俺は彼女から、少し豆を手に分けて貰うと、掛け声を上げた。
「福はー内ー」
 俺の寝ていた畳の間に、ぱらぱらと豆が散らばる。
 後ろを向いて、鬼の面に豆を投げつけた。
「鬼はー外ー」
 豆は軽く面に当たって、散らばった。
 新聞紙を敷いておいてくれて良かったぜ。

 次にクーがきれいな声で、豆を投げた。
「福はー内ー」
 ぱらぱら。
 うんうん。なんか良い感じ。なんていうか、日本らしい。
 彼女は振り向いて、面に豆を当てようとする。
「鬼はー外ー」
 彼女が素晴らしいフォームで豆を鬼の面に投げつけた、その瞬間。
 面には多数の穴が開いた。

 銃声は聞こえなかった。
 どこだ! どこにスナイパーがいるんだ!
 しかも、この弾数は尋常じゃない。至近距離から散弾が撃ち込まれたようだ。
 俺は愛用のM92FSを手に、しゃがむ。
 俺が信じる物はこの銃だけだ。
 汗がヘルメットの中からにじみ出し、土で薄汚れた額を伝って、目に入る。
 だが痛みはもう、とっくに麻痺している。
 暑い。静かだ。
 姿勢を低くしたまま、ベランダの手摺りに近づいて、頭だけを出す。
 辺りをキョロキョロと窺った。
 この廃墟と化した街で、あの角度から俺を狙える高さのビルはない。
 どこから、どんな武器で、どうやって……。

「……キミはいったい何をしているんだ?」
 クーは不思議そうな声で聞いた。
 俺は現実逃避から我に返る。
 立ち上がって、へらへらと笑った。
「あ、いやなんでもない、なんでもない」
 あー、びっくりした。どう考えても、豆で鬼の面を射抜いたのはクーだ。有り得ねぇ。
 クー……なんて恐ろしい子!

 彼女は頭をかしげ、しばらく考えていた。
 やがて鬼の面に目を留めると、ふむ、と頷いた。
「そうか。把握した。嬉しくて、ちょっと本気が出てしまったようだ」
 あれが、ちょっと、なのかよ!
 彼女は、ふいに何か思い付いたように薄く笑う。
 面を手に取ると俺に向き直って、目を覗き込む。
 そして、ゆっくり告げた。
「もしキミが浮気をしたら、例え愛していても、いや、愛するが故に、この面と同じ惨状になる事は理解しておいて欲しい」
 やっぱ、クーは鬼だよ!



●おまけ

「さて、今日は節分だ。豆まきをするぞ」
 そういえば、今日は二月三日か。
 クーはいきなり、ベランダで脱ぎだした。
「え、おい、ちょっと待て! なにやってんだ!」
 そう言っている間に、すっかり服を脱ぎ捨てた。
「って、その格好は……」
 虎縞のビキニに、付けツノ。
「ふむ。お母さんに聞いたところ、これがキミに最も喜ばれる節分の格好だと言っていた。だから、着て来たんだが……駄目か?」
 どんなお母さんなんだよ!
 てか、でも、うん。正直に言って、イイ。
 クーの見事なプロポーションが、余すところなく露出している。
 柔らかそうな胸は、そのビキニのブラに窮屈そうに押し込められている。
 腕を前に組んで胸を隠すような仕草をする。
「そんなに見つめられると、気分が高揚してしまうな……」
 彼女は、ほんの少し頬を桜色に染めている。
 恥ずかしいのだろうか。
 いつも、ほとんど表情には表れない、彼女の恥じらい。
 俺は、思わず喉を鳴らしてしまう。
「それで……どうなんだ? この格好は……良いのか、駄目なのか」
 俺は言葉が出せなかった。
「ふーむ。これで駄目なら、更に伝授された方法を試してみよう」
 そう言うとバッグから寿司屋で買ったような、太巻きを取り出した。
 それを一本、手に取ると口に頬張った。
「ん……んん」
 その黒く太く、長い寿司をほんの少し、苦しそうに口にくわえる。
 彼女の目が俺を誘うように見つめる。
「んふ、ん、ん」
 巻き寿司を持つ指が、やわやわと動く。
 彼女は膝立ちになった。
 腰が怪しく、くねる。空いている手を胸にやる。
 
 
 
「ん、んんー」
 喘ぎ声が俺の脳天を直撃した。
 ついに、俺は我慢できなくなった。
「く、ク――ッ!」
 
 数時間後のベッド。
 俺たちは全裸で、情事の余韻に浸っていた。
「まんまとハメられた……」
 彼女は、俺の胸の上で、ちょっと見上げて。
「いや。それはわたしだ」
 と、微笑んだ。

 END


●topに戻る   ●短編集のトップに戻る

 
 
 
 
 
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー