[素クールカフェ]


●topに戻る
連作のトップに戻る

「おい、ホントに、キモいオタクがモエモエ言ってるぜ」
「うははあ、モエモエー」
 そいつらが店内に入ってきたとき。ぼくたち、すでに居たお客は凍り付いた。
 見るからに、ひやかしだった。
 どちらもヒップホップ系とか、そんなファッションだ。
 ひとりはオレンジ色の帽子を斜めにかぶった、姿勢の悪い男。
 もうひとりは粘るような音でガムを噛んでいる、太った男。あごにちょっとだけヒゲを生やしている。
 ぼくたちは嫌な顔をしながらも、無視するしかできなかった。

「おら、おめえの大好きなモエモエ店員はどこだぁ?」
 オレンジ男が下品な大声で、お客の居るテーブルを叩いた。
 そこにいたお客はすっかり萎縮ながらも、気丈に無視し続けている。
 そこに、ツカツカと一人の店員が歩み寄った。胸の名札には“レイ”と書いてある。
 オレンジ男は片頬を歪めて、嫌らしい声を上げる。
「お、おめぇがモエモエ店員かぁ、なかなかキレイじゃん。気持ちいいコトしねぇ?」
 レイは眼鏡越しに睨み付けた。
「申し訳ないがあなたがたは、私たちのご主人様ではないようだ。引き取ってくれないか」
 それを聞くとオレンジ男は吹き出した。
「ひゃは! なんだ、そのしゃべりかた! モエモエちゃんてみんなこうなのか? なぁ、おい?」
 オレンジ男はそばのお客の肩に手を回した。
 お客は震えながらもそれを無視し、眼鏡を拭く。
 レイは低い声でオレンジ男に命令した。
「わたしたちのご主人様に、触るな」
 またオレンジ男は吹き出す。
 そのツバをわざと肩を抱いている客にかける。
「ひゃぁははは! おめぇバカじゃね? ひぃーっひっひっひっ」
 ヒゲ男がそのようすを見て、にやにやしている。
 ガムを噛む汚い音を余計に大きく店内に響かせた。
 やがてそれを出し、そのへんの壁になすりつける。
「オシャレだろぉ?」
 客は誰も何も言わない。
 だがいきなりレイが殴りかかった。
 すると、ひときわ背の高い店員がそれを制した。

「レイ君。キミはもっと冷静にならないといけないな」
 レイがその人の名を呼ぶ。
「リョウコメイド長!」
 メイド長はヒゲ男の目を睨んで、告げた。
「即刻、退去したまえ」
 静かで無表情なのに、恐ろしいほどの怒気が籠もっていた。
 その声の迫力にヒゲ男は一瞬、怯む。だが、すぐ気を取り直してわめく。
「あんだと、ごるぁ?!」
 ヒゲ男の拳がメイド長に襲いかかる。
 だが次の瞬間、ヒゲ男は宙を舞っていた。
 メイド長の見事な一本背負い。
 そしてチラリと見えた、黒タイツの見事な太もも。
 ヒゲ男はきれいに背中から床に激突した。
 肉の塊が大きな音を立て、床に沈んだ。

 そのようすを見ていたオレンジ男は叫んだ。
 だが、声がうわずっている。
「な、なんだ、てめぇはぁ!」
 お客の首を絞めるように立ち上がる。そのオレンジ男の手にナイフが光った。
 それを見たレイがメイド長の後ろに行き、姿勢を正す。
 それが合図だった。
 レイの左右に他の店員が集まってきてメイド長を囲むように、ずらりと並んだ。
 全員の眼鏡が光る。その奥からの鋭い眼差しと身長の高さで、ものすごい迫力だ。
 メイド長が促した。
「もう一度言う。即刻、退去し給え」
 他の店員は一斉にその声に反応した。
 まるで寺院を舞台にしたカンフー映画のように音を立てて同じ構えをとる。一糸乱れぬ、とはこの事だ。
 オレンジ男は少し怯んだ。
「んだ、おらぁ! こいつがどうなってもいいのかよ!」
 ナイフをお客の首元に突きつけようとしたとき、メイド長が動いた。
 その手首に、かかと落としを食らわせる。
 ナイフが床に転がった。
 オレンジ男がお客を放し、それをレイが素早く受け止める。
「ううう!」
 オレンジ男は手首を押さえて痛がり、やや姿勢を低くした。
 メイド長が返す刀という言葉にふさわしい動きで、そいつのオレンジ色の帽子を蹴り上げた。
 突然、メイド長の横から回復したヒゲ男が襲いかかった。
「っだらぁっ!」
 メイド長はほんの一歩、身体を後ろに移動させた。
 すると、宙を舞っていたオレンジ色の帽子が落ちてきて、ヒゲ男の目をちょうど、塞ぐ。
 そいつは何が起きたのか理解できず一瞬、硬直する。
 その隙を突いて、メイド長は素早く腰を落とす。
 ふわりと広がったメイド服のすそから、黒タイツの美しい脚を突き出し旋回させた。
 それは躊躇なくヒゲ男の足を前から払った。
 やつは手を突く暇もなく、今度は顔面から床に突っ込んでしまう。
 顔が床に当たった瞬間、なにかヘンな声を上げてそのまま、動かなくなった。
 メイド長は美しい姿勢で立ち上がり、髪を払う。
 後ろの店員たちが揃って一歩、前へ出た。
 オレンジ男がそれを見て悲鳴を上げる。
「ひ、ひぃーっ!」
 オレンジ男は手首を押さえながらヒゲ男の腕を肩に担ぎ、引きずるように逃げ出した。

 メイド長は振り向くと店内のお客に告げた。
「私たちのご主人様! 迷惑をかけてすまなかった」
 店員達はみな頭を下げた。
 やがてメイド長だけ頭を上げ、強い意志のこもった瞳をお客に向けた。
「だが、心配はない。私たちのご主人様はわたしたちが必ず、守る。どうか安心してくれ」
 店内から小さな拍手が起こった。やがて、それは渦になり店内を巻き込んでいった。

END


●topに戻る
連作のトップに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー