[水の器]


●topに戻る
短編集のトップに戻る

 雨。
 それもほとんど霧のような、雨。
 遠くの景色は霞み、空の中に消えている。
 俺はあの日バス停で、そのぼんやりした世界を眺めていた。
 同じようにぼんやりと、突っ立って。

――

 寒かった。湿った空気のせいで冷えていたようだ。
 その寒さを紛らわそうと、ディパックから文庫本を出して、読んでみた。
 だが軽い内容にも関わらず、全く頭に入らない。
 道路を背にして、溜息と共に支柱に寄りかかる。
 しばらくの間、寒さのせいだけではない、苛立ちに目を閉じる。
 また溜息を吐いて頭を上げたとき、目に映ったもの。
 それは公園のあじさいだった。
「もうそんな季節か」

 目の前の公園。その向こうにはマンションがあった。
 俺の元彼女である知花(ちか)が住んでいる。
 知花は名前の通り、花のような女の子だ。
 可憐で優しく、いつもニコニコしていて。
 華奢でか弱かった。
 そう、それを知っていたのに、いや、だからこそなのか……
 俺はあいつを……あいつを……。
「知花……」
 俺はどうすればいいのか、解らない怒りと悲しみを振り払おうとした。
「お前が昔、教えてくれたな。あじさいの学名……なんだっけな……」
「ハイドランジアだ」
 突然、真横でやや高い少女の声がした。
「うおっ?! いつの間に!」
 その抑揚の少ない冷静な響きと、男みたいな口調は聞き慣れたものだった。
 知花の妹、菊乃(きくの)だ。
「相変わらず大きくて鈍いな。流也(りゅうや)さんは」
 そう言う彼女は小学生かと思うような身の丈だった。
 かろうじて高校の制服が十七歳だ、と主張している。
 着こなしはさすがに今時の子らしい。スカートはかなり短い。
 でも、それ以外は野暮ったいと言ってもいいだろう。

 その髪は肩に届くかどうかで、真っ直ぐ。色は本当に黒い。濡れ鴉色だ。
 カチューシャで前髪を上げている。
 特徴的な眼鏡。レンズの下にだけ、赤いフレームがある。

 そのレンズの間を軽く曲げた人差し指で、く、と上げて。
 切れ長の目で、射るように俺を見上げる。
 そのまなざしには感情が見えない。
 そういう子だとは解って居ても俺は、その態度に少し腹が立った。
 彼女は続ける。
「情けない。あなたがここに居ると言うことは、つまり、姉さんに会いたかったからだろう」
 図星だった。本来なら俺はここに用はない。
 ここは山の中腹で、このあたり一帯にはバス以外の公共交通機関はない。
 知花がもし出掛けるならいつも通り、このバス停を使うだろうと思って待っていたのだ。
 菊乃は軽く溜息を吐いた。
「もう、とっくに別れたのに……まるでストーカーだな」
 俺はその言葉にカッとなる。
「てめぇ……!」
 彼女は全く動じることもなく、いや、逆に挑み掛かるような視線を向けた。
「そう言って、姉さんを、傷つけたのか」
 冷静、と言うよりも冷徹な声の響き。
 俺は動揺した。
「っせぇよ!」
 彼女はさらに俺を問い詰める。
 まるで鋭いナイフを突きつけるように。
「姉さんを、殴ったんだろう」
 俺は思わず、後ずさった。
 そこに、また一歩、彼女が近づく。
「いわゆるデートDVだな」
 俺は自分の息が荒くなるのを感じた。
「黙れ!」
 身体が怒りで震え出す。
 彼女は手の届くところまで来た。
「脆弱な男だな……」
「黙れッ!!」
 菊乃は薄く……鼻で笑った。
「弱虫」
 爆発。
 ダムが崩壊するように怒りが一瞬で、俺の脳内を埋め尽くす。
 くそ!
 なんでだ!
 なんでみんな俺をバカにするんだ!
 なんで俺の言うことが聞けないんだ!!
「黙れぇぇぇッ!!」
 俺の拳が彼女を襲った。
 でも、確実に当たるはずの拳は空を切った。
 俺はバランスを失った。
「激流、ってところだな」
 菊乃がいつの間にか、俺の真横にいた。
 ヤバい! やられる!
 本能が叫ぶ。
 でも彼女は俺の手首を取り、俺の腰を軽く掌で押しただけだった。
 すると、くるりと回って座席にすとん、と座ることになった。
 まるで操り人形だ。
 菊乃は静かに、言い聞かせる。
「まず、深呼吸しろ」
 頭に来ている俺は、立ち上がりそうになりながら叫んだ。
「指図すんな……?!」
 菊乃は人差し指を立て、俺の唇に付くくらい、腕を伸ばした。
「良いから」
 先ほどの凍るような声とは違う、優しげな響きに座席に戻る。
 とりあえず従う事にした。
「すー、はー……」
 その間に彼女は横に座る。短いスカートが、ひらりとした。
 前を見たまま、ひとことだけ言う。
「落ち着くだろう」
 でも俺は、まだムカついていた。
 この衝動が、知花を、そして今、菊乃を傷つけようとしたにも関わらず、いつも抑えられなかった。

 俺が凶暴な性格を自覚した一番古い記憶は、五歳の頃だ。
 その時、友達だったヤツの腕に噛み付いた。
 俺のオモチャを悪戯で取り上げたからだ。
 その時は彼の親が居てなんとかなったが、もう少しで肉を食い千切るところだった。

 それから親は、とにかく俺に甘くなった。
 なんでも言うことを聞いてくれた。
 それが、より俺の性格を歪めたのだろう。
 俺は身体が大きくなるに従い、親も先生も、男であれ、女であれ、とにかく気に入らないヤツは傷つけた。
 殺しこそしていないが、病院送りはざらだった。
 しかも、身勝手な俺はそのことに激しく後悔するんだ。
 本当は誰も傷つけたくなんかない。でも頭に血が上るとダメなんだ、怒りで頭が真っ白になるんだ。
 いつも深夜の街を徘徊しては、その暗闇の中で自分自身を傷つけた。何度も死のうとした。
 でも……結局、自分が可愛いんだ。本気じゃないんだ。死ねない。
 俺はすでに地獄に堕ちてるのかも知れない、と自分を呪った。

 菊乃は何も言わない。
 俺はその涼しげな横顔を、見た。
 ムカつく。ぶん殴ってやりたい。
 俺は拳を握りしめた。
 すると、彼女は、ふいに俺の目を覗き込んだ。
「あじさいの花言葉を、姉さんに聞いてはいないか?」
 あじさいの花言葉……?
 聞いてない……
 ……
 いや。待て。
 覚えてる。
 そうだ、思い出した。
「忍耐強い愛……」
 彼女はそれを聞いて微笑んだ。
「そう言うことだ」
 俺には何のことか解らなかった。
「これから先、もう姉さんが、あなたの元に戻ることはないだろう」
 その言葉に、また、くすぶっていた怒りに火がつく。
「てめぇ……」
 彼女はより大きな声で告げた。
「だが!」
 立ち上がり、俺の手を取った。
「だが、わたしは忍耐強く流也さんを、あなたを、愛していく自信がある」
「えっ」
 俺が驚いて見上げると、俺の手をその身体に似合わない、ふくよかな胸に押しつけて握った。
「必ず、あなたを受け止めてみせよう」
 手を放すと、今度は俺の頭を天使の翼のように優しく包み込んだ。
 俺はなんだか解らないまま……頭を預けた。
 温かい。
 柔らかい。
「う、ううう……」
 嗚咽した。
 身体の中から熱い涙が止めどなく流れ出た。
 赤ちゃんのように泣いた。
 号泣だった。

「あなたは、水だ。高圧を掛けられて、人をも殺すくらい激しい勢いの水」
 頭を撫でられる。
「水は、形がない。器によって、その形はどうにでも変わる」
 俺の頭を、そっとあじさいのほうへ向ける。
「ハイドランジアの意味を知っているか?」
「……意味?」
 それは知花にも聞いてない。
 ふいに菊乃は俺の頭を上げさせる。
 俺の肩に手を掛け、少し前にかがんだ。
 ちょうど目の高さが同じになる。
 その瞳をやや細めた。
「“水の器”だ。ギリシア語でね」
 彼女のまなざしには、慈愛に満ちた光が輝いていた。
「わたしは、あなたのハイドランジアになろう」
 そう言って、俺の額にキスをした。

 周りが明るくなった。
 雨はいつの間にか、上がっていた。
 唇を離すと、微笑んだ。
 日射しが彼女の美しい肌に反射する。
「でも、わたしは姉さんと違って厳しいからな。覚悟しておいてくれ」
 その瞳には、本気の光が輝いていた。
 初夏のきらめきだ、そう思った。

――

 あれから、俺は誰も傷つけることはなくなった。
 俺自身も含めて。
 彼女は油絵を教えてくれた。
 最初はそんなもの描けないとだだをこねたが、彼女は忍耐強く、時には厳しく、俺に指導してくれた。
 まるでヘレンケラーのサリバン先生のように。
 これが“愛されている”と言うことなんだ、と解った。

 今、彼女は芸術大学の助教授だ。
 俺に絵を教えながら、さらに受験勉強をして、おまけに大学に入ってからも専門の勉強をしていたのだ。
 その小さな身体に、どれほどのパワーを秘めているのか。
 全く恐れ入る。
 彼女には勝てないな、と思う。
 俺はそんな彼女のおかげで、なんとか食える程度の画家になった。

「ただいま」
 それほど大きくない部屋に、彼女の声が明るく響く。
「お帰り」
 俺は筆を置いて、彼女に微笑みかけた。
 彼女は上着を脱ぎながら、俺の側に来る。
 俺のひざにその小さな身体をちょこんと乗せて、絵を覗き込んだ。
「あじさいか……」
「うん。あの日を思い出してたんだ」
「ふふ……良い子だ」
 つい、とあごを上げ、俺のほほにキスをした。
 俺は少し照れながら、彼女の左手を、そっと握る。 
 俺たちの左薬指にはリングが光っていた。

 END


●topに戻る
短編集のトップに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー