[あなたがいれば。]


●topに戻る
短編集のトップに戻る

 突然の激しい雨。
「うおっと! やべぇ!」
 エプロンを掛けた大きな男が、マンションの部屋からベランダに飛び出してきた。
 そこに干してあった洗濯物を急いでリビングに放り投げる。
 全部取り込み終わると、ほっと一息吐いて、衣類を畳み始めた。
「あいつなら、傘持ってるよな……」
 ちらりと時計を見る。いつもなら、もう帰って来る時間だ。
 あいつ、とは彼の妻である。
 彼は、いわゆる専業主“夫”であった。
「あれ? 今日はまだ、帰るコールがないな」
 彼の妻は律儀に、定刻通りの帰宅連絡をする性格だった。
「そう言えば、今朝は珍しく、自転車で出社するって言ってた……」
 彼は胸騒ぎがして、立ち上がった。
 まさに巨躯である。だが、目は優しく澄んでいた。
 彼はすぐさま行動に移った。
 畳みかけの衣類は放置し、作りかけのカレーの火を止め、素早く風呂の温度を確かめる。
 玄関を出ようとして、妻がいつもは持っているはずの携帯傘があるのを見て、さらに焦る。
 扉に鍵を掛け、エレベータを待たずに階段を駆け下りる。

 玄関ロビーの出入り口に着くと、彼の妻がちょうど自転車置き場へ向かうところだった。
 だが、その姿と動きは、まるでゾンビだった。

 彼の妻は、誰が見ても格好良い女である。
 背も高く、美貌を持ち、頭も切れる。
 誰に対しても臆することなく、真っ当で忌憚のない意見を言う。
 もちろん場の空気を読んでの事だから、出世もする。
 彼女は異例の早さで昇進した。
 入社三年で、もう課長である。

 そんな彼女が、今。
 彼の目の前でボロボロになっている。
 全身びしょ濡れで泥だらけ。黒いスーツも見る影を失っていた。靴のヒールも折れていた。
 両ひざと、あごに、かすり傷を負っている。
 眼鏡も傾いで、レンズには磨りガラスのように擦った傷がある。
 乗っていた自転車は、かごが激しく歪み、チェーンも外れていた。 
 彼は呆然と見ていたが、我に返り声を掛けた。
「おい! どうした?!」
 愚問である。見たままの状況に違いない。
 彼女はゆっくり振り返り、彼の顔を見ると、泣きそうな薄い笑いを浮かべる。
「とりあえず、自転車、置いてくるから……」
 それだけ言ってまた自転車置き場に向かおうとする。彼は急いで横に行き、その自転車を奪った。
「俺がやるから、待ってろ」
 豪雨の音が、ひと気のない自転車置き場に響き渡る。
 自転車置き場とロビーを繋ぐ出入り口で、虚ろに彼女は立っている。
 彼は自転車を置こうとして、つぶやいた。
「ん……ブレーキが切れてるのか」
 ブレーキを握り締めても、タイヤはそのまま回る。
「鍵は……無くても盗られないか」
 半ば放置するように、急いで彼女の元に戻る。
 彼女はそれを見ると、顔を上げ、よろよろと彼に近づこうとした。
 だが、ヒールのない靴と濡れた床のせいで、転びそうになる。
「あ、おい!」
 彼がすぐさま走って行き、しっかりと支える。
 彼女はその太い二の腕に額を付けて、つぶやいた。
「甘えても……いい?」
 彼は顔を赤くした。だが、決意するように答えた。
「もちろんだよ」
 彼女が糸の切れた繰り人形のように、全身の力を抜く。
 彼は無言で彼女を抱き上げた。お姫様だっこだ。
 彼女は震えていた。
「もう、大丈夫だからな。部屋に帰ろう」
 ふたりはそのままロビーに入った。

 部屋に戻ると彼はその状態で靴を脱がせ、それを玄関の適当な場所に置く。
 さらにそのまま、彼女を風呂場の脱衣所に連れて行った。
「ストッキングを脱いで、待ってて」
 優しく下ろされた彼女は、ロボットのように言われたまま、ストッキングを脱ぐ。
 次にすることが思いつかないのか、壁に背を預けて感情の見えない目で、ぼんやりと立ち尽くした。
 すぐ彼が消毒薬と絆創膏を持ってきた。
 絆創膏は防水性の高い、人工皮膚のような最新式のものだった。
 怪我のあるひざとあごにテキパキと処置をした。
「ん、これでいい。とにかく、話は後だ。今は、ゆっくり風呂に入って身体を温めてよ。おまえの好きな熱めのお湯だよ」
 屈託無く、彼女に笑いかける。
「じゃあ、俺、晩飯の続き、やるよ。旨いカレー作ってるからさ」
 立ち去ろうとした彼のエプロンのすそを、不意に彼女は引っ張る。
 彼が立ち止まって振り返った。
「ん?」
 彼女らしい率直な言葉が飛び出した。
「一緒に、入って欲しい」
 彼は真っ赤になって慌てた。
「いや、えと、ふたりで入るには俺、デカイし、狭いかなーと思うし、今までそんな事、一度も言わなかったじゃな……」
 彼女の顔を見ると、上目遣いで懇願しているように見えた。
「……そうか、甘えてもいいって答えたの、俺だもんな。解ったよ。入る」
 彼女は子供のように微笑んで、さらにむちゃを言う。
「じゃあ、脱がせて欲しい」
 彼の息が一瞬止まった。しかし、これ以上抵抗してもムダだとあきらめたのか、軽く受け答えた。
「……はいはい、お嬢様」

 彼は彼女の目の前にひざを突いて、水が滴る泥だらけのスーツを脱がす。そのそでは、ひじから手首にかけてほつれていた。
 濡れているブラウスのボタンを震える手で、ひとつひとつ、外す。
 たわわに実った白い桃が現れた。淡いブルーのブラに覆われている。
 雨はそこにまで浸み込んでいたのだろう、彼女のピンクチェリーが透けていた。
「クールにクレバーにクールにクレバーに……」
 彼は興奮を抑える為、そんな言葉を念仏のようにつぶやきながら、ブラウスのすそをスカートから引き出す。
 次に腕をとり、ぐっしょり濡れたそでのボタンを外した。
 彼女は神妙な面持ちで、されるがままになっていた。
 だが、水分で皮膚に貼り付いていたそでを腕から抜いたとき、彼女が声を上げた。
「痛……」
 腕を見ると、手首からひじまでが真っ赤になっていた。
 彼は今までの興奮が消え去ったかのように、それを冷静に観察した。
「打ち身になってるな……お湯が浸みるかもな。後で冷やそう」
 彼女は何を思ったのか、急にその腕を彼の頭に絡めて、抱き寄せた。
 彼女の柔らかい胸が、彼の顔で変形する。
「ぶほ!」
 そのまま彼に、促す。
「次はスカート」
 彼は解放されると、ちょっとヤケ気味で彼女のスカートに手を掛けた。
 スカートは勢いよく床に落ち、水音を立てた。
 ブラとおそろいの淡いブルーのショーツが、滑らかな曲線を描いて、彼女の大事な部分を包み込んでいた。
 それは雨に濡れたせいで、その秘部を覆う黒い芝生がハッキリ見て取れた。
 彼はそれから目線を外し、彼女の足元を見た。
 すると左足の外側にあるくるぶしにも、かすり傷を発見した。
「ここもか……ちょっと足上げて」
 彼女の足を、自分の立てているひざに乗せた。
 まだ、そこにあった消毒と絆創膏を取り、すぐさま処置する。
「うん、これで……」
 彼は彼女を見上げて、息を飲んだ。
 濡れそぼった下着姿で、足をやや開きながら上げている彼女。
 ひどくエロティックな光景だ。
 彼はまた紅潮し、目を逸らした。
「こ、これ以上は、自分で脱いでくれよ、頼む」
 彼女は彼のひざから足を下ろし、頭を自分の方にゆっくり向けた。
 額にキスをする。
「夫婦なのに、良いじゃない」
 彼は立ち上がりながら答えた。
「恥ずかしいものは、恥ずかしいんだよ!」
 不意に彼女が、彼の巨躯に抱きつく。
「おわ! 冷たい!」
 彼女は目を瞑った。
「あなたは熱いな……」
 彼女はさらに抱きつく。身体の前面が全て、彼にくっつくように。
「その熱い指で、わたしの眼鏡と下着を、とって」
 彼女は紅潮した顔に、期待の光が宿る瞳で見上げる。
 その眼差しと、白くなまめかしい身体から、目を逸らす彼の顔はもはや、燃えているようだ。
 頭を掻きながら困ったように言う。
「いや、だから、自分で、さ……」
「駄目」
 即答だった。

「ん……」
 彼女は口づけを待つように目を閉じる。
 彼は彼女の眼鏡に手をやる。
 すっと、傷ついた眼鏡を優しく外す。
「ああ……」
 なぜか、彼女から甘いと息が漏れた。
 彼はどきりとしたのか、やや荒い調子で言う。
「なんで、眼鏡外すくらいでそんな声……」
 彼女は目を開け、やや焦点の合っていない双眸で微笑んだ。
「次はブラ」
 彼は軽いため息を吐いた。
 彼女はバストを突き出す。その間に太い指を、おずおずと入れた。
 フロントホックのブラに手間取る。
「どうしても苦手なんだよな、こういう細かいの……」
 彼女はやや眼を細めて、微笑んだ。
「不思議……あなたは、家事一般なんでもできるのに、いつまで経っても、こういう事はできないんだから」
 彼の両手を取って、自分の豊満な胸を左右から挟ませる。
「こうするの」
「なっ?!」
 すると、押しつぶされた胸の圧力でブラのホックが外れた。
「簡単でしょ」
 彼はそのまま、石のように固まった。
「おおお俺の手は、どうすればいいんデスカ」
 彼女は、平然と言い放つ。
「揉んでも、いいんだよ?」
「なっ!」
 彼は雷に打たれたように、手を離した。
 すると、ブラがはらりと左右に分れ。
 素晴らしい弾力を伴って、彼女のふたつの輝きが飛び出した。
 古いマンガ表現なら、ここで彼は鼻血を吹いて倒れるところだろう。
 彼はかろうじて目を背けることによって、そんな事態を回避した。
 だが、そこに波状攻撃を喰らった。
「次は、ショーツ」
 彼はううう、とうめきながら彼女のショーツに手を掛けた。
 彼女の低く柔らかい声が聞こえた。
「早く」
 彼は目を逸らしながら、ショーツを引き下ろした。
 足を抜くと、ショーツは小さく丸まった。
 一糸纏わぬその裸身は、この世の物とは思えない。まるで妖精のようだ。
 彼はできるだけそれを見ないように、彼女の着ていた物をそばの洗濯機に入れた。
 すると、後ろからまた抱きついてきた。
「わたしが脱がせようか?」
 するり、と彼の着ているTシャツの中に手を入れる。
「おわっ!」
 彼は困り果てたように問いかけた。
「もう……それだけ元気出たなら、一緒に入らなくてもいいんじゃない?」
「駄目」
やはり即答だった。

 結局、風呂場に彼女を先に入らせ、後から彼も入った。
 湯船に浸かる彼女が、心の底から声を出す。
「すっごく気持ちいいよ……」
 その目を閉じた顔は赤く、妙に艶めかしい。
「でも、やっぱり腕の打ち身が浸みるかな」
 彼はとりあえず、シャワーを浴びた。
「ん、後で冷やそうな。他に痛いところはないか?」
 身体を湯船の中で起こした彼女は眼を左上に向け、考える。彼女のクセだ。
 ふと何か思い当たったのか、湯船から上がり、彼に後ろからすり寄る。
「心!」
 背中から飛びつくように抱きつかれ、よろける彼。
「おわっ?! 危ないって!」
 軽く怒りながら振り返る彼に、彼女は微笑み掛けた。
「でも、あなたがいてくれて、良かった」
 額を彼の厚い胸にくっつけた。
「本当に……良かっ……た……」
 肩が震え、声は嗚咽に変わった。
 彼は無言で、そっとその身体を抱き寄せた。
 いつもの長身が子供のように見えた。
 彼女は、そのままの体勢で今日起きたことを、泣きながら話した。

 上司にセクハラ発言をされたこと。
 部下に、専業主“夫”である夫を揶揄されたこと。
 携帯電話の電池が切れたこと。
 傘を忘れたこと。そんな日に限って、帰りに大雨に降られたこと。
 近道をしようとした公園で自転車のブレーキが切れて、派手にコケたこと……。

「それで……そ、それで……」
 彼はしゃがみ、まだ泣きじゃくる彼女の、額の髪を撫で上げて。
 キスをした。
「大丈夫。もう、大丈夫だから」
 熱いシャワーと湯船の湯気が、ふたりを包んだ。

「うむ、さっぱりしたぞ」
 彼女が風呂から出て来た。完全にいつもの調子を取り戻したように見える。
 バスタオル姿で、リビングへの廊下を歩く。
 ちょっと先に出ていた彼がキッチンから、氷の入った野菜ジュースを持って来る。
 彼女は微笑んで、それを受け取る。
 彼も微笑み返し、キッチンに戻った。
 彼女はジュースを一気に飲み干し、リビングテーブルにコップを置いた。
 そのまま、テーブルとセットになった椅子に、ひざを閉じてななめに座る。
「ふはぁ……」
 大きく息を吐いて、力を抜く。背もたれにぐったりと身体を預けた。
 その姿勢のまま、背中側のキッチンにいる彼に話しかける。
「あなた」
 彼はカレーの味見をしながら応じた。
「ん?」
 彼女は大声で告げた。
「大好きだ!」
 彼はカレーを吹いて、大きく咳き込んだ。

END


●topに戻る
短編集のトップに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー