[似た、ひと]

●topに戻る
連作のトップに戻る

 会社帰り。
 わたしは地下鉄のホームへ降りた。
 いつもやるように“降車駅で一番、階段に近い場所”まで、真っ直ぐ移動する。
 そこはわたしにとって、特別な場所だった。
 そう、特別な……。
 素早く歩いていると、直線上にいた中年のサラリーマンが、びくっとして道を空ける。
 わたしは女としては背が高い上に目つきが悪いので、しかたがない。いつものことだ。
 そんな事より、わたしの頭の中は家で夕飯を用意しているであろう、夫のことで一杯だった。
 わたしたち夫婦は、夫が家のことを全てやっていて、彼は働いていない。
 専業主“夫”だ。

 さて、今日のおかずはなんだろうな……
 ハンバーグだったらいいな。彼のハンバーグはおいしいからな……
 彼の笑顔も……ふふふ……

 歩きながら、そんなお腹が空くようなことを考えていた。
 ぼんやりとホーム左の、壁際に並ぶ客たちを眺める。
 すると。
 夫にそっくりの顔を見かけた。
「え……」
 思わず、立ち止まって息を飲んだ。
 彼が、こんなビジネス街に用があるはずもない。
「もしかして、わたしを迎えに来てくれたのか」
 甘い期待に一瞬、胸がときめいた。
 まるで少女のような気持ちで、そっと彼のそばに近づき、見つめてしまう。

 服はグレーのスーツ。夫もよく似たものを持っている。
 背格好や雰囲気は、とても似ている。
 目は携帯電話を見ているので、髪に隠れて見えなかった。
 だが、その髪型や鼻の形、唇、顎のライン。
 あまりに似ている。
 わたしは、ほぼ確信して、声を掛けそうになった。
 同時にその男が何気なく、顔を上げた。
 目が見えた。
 男は一瞬、不思議そうな顔をし、笑った。

 だがその時。
 夫との、決定的な違いが解った。
 濁った嫌らしい目つき。
 その左側だけを吊り上げ、歪む唇。
 たぶん片頬だけで、笑う人間なのだろう。
 それは、わたしの夫に似ている分だけ、嫌悪感を感じた。

 意識的に強く睨んでやる。
 男はニヤけるのをやめ、拗ねたような顔をして携帯電話に目を戻す。
 わたしは何事もなかったように、また“降車駅で一番、階段に近い場所”まで移動を始めた。

 そう、わたしの彼は、ちゃんと、笑える。
 綺麗な瞳と、屈託のない笑顔を持っている。
 なぜか意味もなく、安堵した。

 “降車駅で一番、階段に近い場所”で電車を待つ。
 彼に一番早く、逢える場所。

 やがて、やってきた電車に乗り込む。
 先ほどの安心のせいか、少しの間、電車の座席で微睡んだ。
 家でおいしいご飯を作って待っている、彼の事を想いながら。

END


●topに戻る
連作のトップに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー