[シズカな彼女 1]
黙して伝えて
[2]へ [3]
●topに戻る
連作のトップに戻る

 マミ さんがチャットルームに入室しました。

 マミ さんの発言:
 クーさん、ひさしぶりー
 マミでスv
 

 マミ さんの発言:
 うんうん
 あ、やっぱ、忙しいんだ
 社会人で主婦って、大変だねー
 でもさ、チャットくらい、たまには来て欲しいなー
 

 マミ さんの発言:
 あ、そうそう
 シズカちゃんって知ってるよね
 前、言った、あたしの小さい頃からの大親友
 

 マミ さんの発言:
 うん
 相変わらず、人としゃべることできないんだけどさ
 

 マミ さんの発言:
 ううん、前、言わなかったっけ、声が出ないとか、病気とかじゃないんだ
 あたしとは、よく話すしね
 ただ、ちょっとでも、距離のある人と話をしようとすると、パニクって何もしゃべれないんだな
 

 マミ さんの発言:
 それでさ、あたし、どうしようかなって
 

 マミ さんの発言:
 あの子、隣のクラスの国友君って子、好きになったんだって
 なんであんなオタクっぽいヤツ、好きになったんだか
 まあ、シズカも絵はうまいけどねー
 

 マミ さんの発言:
 えー、クーさんもオタク? やだ(笑)
 でね、あたしにコクるの、手伝って欲しいって
 そりゃあね、仲いいシズカのためだから、やってもいいけどさ……
 でも、すんごいマジメ男なんだってさ。女なんか見てない感じだよー
 

  マミ さんの発言:
 そういうもんなのー? まあじゃあ、やってみるよ
 ありがと
 あ、晩ご飯だから落ちます
 じゃあまた

 マミ さんがチャットルームから退出しました。

 ――

 マミ さんがチャットルームに入室しました。

 マミ さんの発言:
 こんばんわー
 

 マミ さんの発言:
 あ、はい、この前の話
 聞いてよ、困っちゃて
 

 マミ さんの発言:
 うん、それがさー、シズカと一緒に、国友君に話ししたんだよ、屋上で
 その時は、シズカとは付き合えないって言って、あたしたちも、しょーがないかーって終わったんだけど
 後でさ、シズカは、どーしても、あきらめられないって
 どうすればいい?
 

 マミ さんの発言:
 あ、それいいよ、うん
 今度シズカをチャットに誘ってみる
 いつも、色々ごめんなさい
 大好き(^^)v
 じゃあ、お風呂入るから、落ちるね

 マミ さんがチャットルームから退出しました。

 ――

 マミ さんがチャットルームに入室しました。

 マミ さんの発言:
 こんばんわ、今日は前に言ったみたいにシズカを呼んでます
 お泊まりです(笑)じゃ、あたしは見ないようにしとくね

 マミ さんの発言:
 はじめまして、シズカです。今日はよろしくお願いします。
 

 マミ さんの発言:
 あ、いえ、そんな。普通ですよ。
 

 マミ さんの発言:
 はい、マミから聞いてると思いますけど、その
 

 マミ さんの発言:
 ええ、はい、その、彼です。
 

 マミ さんの発言:
 え、はい。えええ? そんなこと、するんですか? ホントに?
 

 マミ さんの発言:
 はい、本気です。ええ。解りました! やってみます。
 ありがとうございました。
 それでは、失礼します。

 マミ さんがチャットルームから退出しました。

 ――

 マミ さんがチャットルームに入室しました。

 マミ さんの発言:
 ねぇねぇ、あれ、クーさんが教えたの?
 おもしろかったよー
 シズカ、芸人さんかと思っちゃった
 いきなりスケッチブック出したと思ったら、色々書いてあるんだもん
 絵まで描いてあったし
 

 マミ さんの発言:
 そう、好きになったきっかけとか、色々
 最後には、抱きついてキスまでしちゃったもんなー
 あの子があれほどやる子だとは思わなかったよ
 いいよなー
 

 マミ さんの発言:
 え、あれって、クーさんも昔、やったことなの?
 クーさんも、しゃべれなかったの……へぇ、そうだったんだー
 え、それが今の旦那さん??? すげー
 

 マミ さんの発言:
 でも、うまくいってよかったよー
 クーさんに相談してよかった
 それじゃ、また!
 おやすみなさい!
 (^3^)チュ

 マミ さんがチャットルームから退出しました。
 

 クー さんがチャットルームから退出しました。


[2]へ [3]
●topに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー