[クリスマスと世界と彼女]

[クリスマスと世界] に戻る
[クリスマスと世界と彼女と俺] に行く
●topに戻る
●連作のページに戻る

「世界は変化で出来ている」

 その言葉は彼女がくれたものだ。
 一年前の年末だった。
 あの頃、俺は“世界の半分は諦めで、もう半分は絶望で出来ている”と思っていた。

 あれから俺は、彼女……蒼(あおい)さんと付き合う事にした。
 彼女は大学の先輩だった。
 最初に出会った時の第一印象はとても良かった。
 切れ長で涼しげな瞳に、丸いツーポイントの眼鏡。
 細面で整った顔立ち。
 風に揺れると音を奏でるような長い黒髪。
 静かで澄んだ声。
 スタイルも見事だ。だが、性格がかなり変わっていた。
 あまりにも真っ直ぐで曇りのない、鋭利な刃物のような彼女の言動。
 俺も最初は、そばでなにかしら研究を手伝ったりしていたが、やがて疲れて、だんだん他のみんなと同じように遠巻きに見るようになっていた。
 だが、去年のクリスマス。
 それまで付き合っていた女の子にフラレた俺をみつけ、彼女は告白してきたんだ。
「クリスマスプレゼントに、わたしはどうだ?」
 いや、全然そんな言い回しじゃなかった気がするけど、でも俺はそんな風に感じた。
 その時、俺はそんな気持ちには全くなれず結局、断った。
 彼女は、待つ、と言った。そして……その言葉をくれたんだ。

 俺はさんざん思い悩んで。
 やがて、その言葉を信じてみようと思った。
 だから、彼女と付き合うことにした。
 だけど俺は、未だ彼女にキス以上の事をしていないのだった。

 俺は去年と同じ場所で彼女を待った。
 クリスマスムード満点の駅前広場。
 そこのベンチ。
 去年と同じく、たくさんの着飾った女の子たちが彼氏を待っている。
「ふぅ……遅いなぁ」
 見上げた空から、ちらほらと雪が降ってきた。溜息が白い。
 彼女はその世界では有名な研究施設に就職して、遠くにいる。
 そこはメールも携帯電話もダメ。連絡といえば、いつもお互いの自宅からチャットをする毎日だった。

 今日はクリスマスというだけでなく、あの告白から一年ということもあって、かなり以前から逢う約束をしていた。
 俺もなけなしのバイト代で、彼女にプレゼントを買った。
 シルバーのバングル。腕輪だ。シンプルだが、光に当たるときらめきがきれいだ。きっと似合うと思う。

 でも。
 一時間も遅れている。
 彼女に限って、大学にいたときから今まで一度もそんな事はなかった。
 性格的にも、ほとんど有り得ない。
 嫌な予感がした。
「もしかして」
 思い立って携帯電話でネットから交通情報を確認した。
 彼女の地方の電車は……。
“雪の為、運転を見合わせています。復旧の見込みは立っていません”
「やっぱりかよ!」
 俺はもしかすると繋がるかも知れないと思い、とりあえず携帯電話を掛けてみた。

 呼び出し音が二十回を超えた時点で、電話を切った。
「蒼さん……やっぱ世界はあきらめと絶望で出来てるんだよ……」
 俺がまた白い溜息を吐いたとき、ごつい四駆が広場のロータリーに飛び込んできた。
 人々が驚いてちょっと悲鳴を上げる。
 ギリギリの運転で、なんとか事故を回避ながら、ちょうど俺の前で止まる。
「な、なんだぁ」
 そのドアが開かれて、ドライバーが顔を出した。
「待たせたね。河村君」
 それは蒼さんだった。
「これ、あお、いつ、えと」
 彼女は免許なんて持ってなかったはずだし、この車は彼女の好みにしてはごつ過ぎる。
 彼女は天女のようにふわりと降りてきて、俺にキスした。
 たっぷり一分間、口づけて離れた。
「落ち着いた? 今日の天気予報をリアルタイムで見ていて、電車は雪で動かなくなると踏んだんだ。だから、こんなこともあろうかと趣味ではないが、いちおう買っておいた四輪駆動車で来た。当然、携帯電話にも出られなかった」
 俺はまだ、呆然としていた。
 彼女は薄く笑う。
「驚いたみたいだね」
 俺はただ、コクコクと首を縦に振るばかり。
「免許を取ったことは、君をクリスマスに驚かせるために黙ってたんだよ」
 彼女は俺の手を引いて、車に乗せた。
 俺は、なすがままだった。
「今日こそは去年、渡し損ねたプレゼントをもらってくれるんだろう?」
「って、えええ?」
「行くぞ。休暇も取ったしね」
 そう言って彼女は、エンジンを吹かした。
「クリスマスの夜は長いぞ?」
 いたずらッ子のような含み笑いをして、四駆を発進させた。
 窓の外を流れる軽い雪がふわふわと、風に舞って複雑な動きをする。
「世界は変化で出来ている、って言ったよね」
 彼女は前を向いたまま、言った。
「もう半分を言ってなかった」
 あ、そう言えばそうだな……。
 俺は、半分はあきらめ、もう半分は絶望、そう言っていた。
 彼女はちょっと顔をほころばせた。
「もう半分は可能性で出来ているんだ」
 その横顔は、可愛く美しく凛々しく。
 輝いているように見えた。


[クリスマスと世界] に戻る
[クリスマスと世界と彼女と俺] に行く
●topに戻る
●連作のページに戻る
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー