[ミヅキが、いる。] 1
◆月光漂泊

2◆失うもの、得るもの へ  3◆好きなものは、好き。 へ  4◆甘口タルト へ  5◆ぬくもりの居場所 へ
●topに戻る   
連作のトップに戻る

 その日、俺は窓際のベッドで、眠れないまま時間を浪費していた。
 仕事のつまらないミスを思い出し、落ち込んでいたからだ。

 脂ぎった係長が叱咤する。
『おまえ、最近、弛んでるんじゃないの? 新入社員の頃のほうが、よっぽど仕事できたんじゃないの? ん、そうじゃないの?』

「ちっ、女には甘いくせに、あのオヤジ!」
 つぶやいて寝返りを打つと、カーテンの向こうはまぶしかった。
 月だ。満月の光が、ほんのり薄紅に色付いて、ベランダから差し込んでいる。
 明るい。なんて明るいんだ。これじゃ、よけいに眠れない。

 だから、あの時、遮光カーテンにしておけば良かったんだ。

 あの時。
 彼女がこれを選んだんだ。レースのひらひらした、淡いピンクのカーテン。
「情けねぇ……」
 もう、彼女はここにはいない。
 
 彼女――千夏(ちなつ)は、泣き叫んだ。
『公宏(きみひろ)、なんで怒らないの! あたし、浮気したんだよ?』
 だって、俺がおまえを構ってやれなかったから、そんなことしたんだろう?
 だったら、怒れるわけ、ないじゃないか……。
『あんた、優しいけど、優しいけど! 優しすぎるよっ!』
 そう言って、彼女は出て行った。
 短い付き合いだった。
 この高層階に、二人で来たときは将来を夢見ていたのに……。

 俺はあの日の言葉を、口の中で繰り返した。
「優しすぎる、か……」
 大きな溜息と、少しの涙がにじんだ。
 眠れないと、よけいな事ばかり考えてしまう。そしてまた、眠れなくなる。悪循環だ。
 俺はもう、無理に寝ることは止めようと思った。

 外の空気を吸うために、ベッドから起き上がる。
 カーテンを開け、ガラス戸のサッシに手を掛けた。
 それが、半分ほど開いた時。
 目に入ってきたものに驚いて、手が止まった。
「なんだ……あれ」
 いつの間にかベランダの手すりに、ほとんど裸の女が、外を向いて腰掛けていた。

 青色と銀色が混じったような、不思議な色合いの長い髪が、重力に逆らうように、ふわふわと浮いている。
 耳が人のそれとは全く違う。犬でも猫でもない、強いてあげるなら牛のような耳だ。
 昔、千夏と牧場に行ったときに見たものと、よく似ている。
 月に輝く白い肌。その身体は匂い立つように肉感的だ。男なら誰でも、反応するだろう。
 着ているものは一見、透けているネグリジェのようだが、それは煙のように、もやもやとして形がつかめない。

 俺はバカみたいに、その娘の後ろ姿を見つめてしまう。
 現実離れした美しさだ。ホントは俺、もう寝てるのか?
 いやまあ、夢なら夢でいいんだけど。
 いずれにせよ、怖い感じはしないので、俺は彼女を思う存分、眺めた。
 
 彼女は俺の視線に気付いたのか、こちらを振り返った。
 髪と同じ色の、瞳。それは茫洋として、焦点が定まらないように見える。
 無表情で小首をかしげ、問いかけてきた。
「なにか?」
 心の奥に響くような、静かで深い声。
 俺はドキリとした。
 頭を掻きながら、サッシを全部、開ける。
「あんた、なにモンだ」
 彼女は、さっきとは逆方向に小首をかしげて、答える。
「ポケ、とか、デジ、とか、そういうのが付くとでも?」
 なんだ、この人慣れした不思議生物は。
「いや、でも、そういうたぐいだろ。あんた、どう見ても人間じゃねーモンな」
 そいつは、頬にグーを当てる仕草をする。何か考えているのか。
「ふむ。確かにわたしは人間ではない。でも、何者かと問われると、解らないとしか言えない」
「はぁ? なんだよ、それ」
 彼女は、ふわりと手すりの上に立った。
 背後からの月光が、彼女の見事なプロポーションをシルエットにして、浮き上がらせる。
 俺は思わず、息を飲んだ。
 そのまま、彼女は後ろに跳ぶ。
「あっ! バカ! ここ十階……!」
 俺は思わず駆け寄る。だが彼女は、風に舞う羽みたいに、ふんわりと浮いていた。
 腕を広げ、海に浮かぶように目を閉じた。
「わたしは、ふと気が付くと、この世界にいた。その日から人間の時間で考えると相当、永い年月を経たと思う。だが、わたしには、わたしの存在が何なのか、そもそも何者なのか……解らない」
 彼女の心を示すような不定形の服が、夜という名の静かな水面に浮かび、彼女と共に漂う。
 その内側の姿態は、ひどく艶めかしい。特に胸は……大きい。
「おまえ……名前は?」
 くるり、とイルカのように空中で反転し、俺の目の前に来た。
「たぶん、ない。正確には、解らない、と言うべきか」
 俺は呆れた。
「なんだ、何も解らないんだな」
 彼女はまた、小首をかしげて拳を頬に付ける。
「それは、人間も同じではないのか」
「え……?」
 彼女はすっと腕を伸ばし、俺の頬を両手で軽く挟む。
 吐息が掛かるほど、顔を近づけた。
「自分がどこから来て、どこへ行くのか、何を成すべきなのか、何が出来るのか……そもそも、自分が何者なのか……お前には解ると言うのか?」
 無表情だが、その茫洋とした眼差しは妙に色っぽい。ドキドキする。
「そ、そうだな……確かに、解らないな……」
 彼女が更に、俺に顔を近づけた。
「でも、ひとつだけ、確かに解る事がある」
 もう、唇がくっつきそうだ。俺の頬が熱くなる。
「な、なに?」
 ほんの少し、彼女は目を細めた。微笑んだ、のかも知れない。
「それは、今、やりたい事だ」
 俺が返事をする前に、彼女は唇を重ねてきた。

 次の朝。
 俺は、今までになく爽やかな目覚めだった。
「なんだろう、すごくいい夢、見た気がするなぁ」
 起き上がると、全裸だった。
「あれ……」
 性的な形跡がある。
 ふと、バスルームからシャワーの音が聞こえる。
 デジャビュー。
 昔、よくこういう事があった。
「まさか、千夏が戻ってきたのか……?」
 ベッドから降りて、そのまま風呂場へ向かう。
 うっすら見えるシルエットは、女だ。
「おーい、千夏?」
 外から声を掛けてみる。が、返事はない。
「おーい!」
 シャワーの止まる音がして、扉が開いた。
「呼んだか?」
 蒼銀の髪と瞳。顔つきは西洋風で鼻が高い。だが、目は切れ長で東洋風だ。
 そして、あまりにもエロティックな肢体。
 夢に見た女だった。
「おおおおまえ!」
 俺が驚いて指さすと、無表情に小首をかしげる。
「わたしの名は、おまえ、ではない」
 ああ。そうか、あれは夢じゃなかったのか。
「そ、そうだったな……ミヅキ」
 彼女はうっすら笑った。
「んむ。あなたが……キミヒロが付けてくれた名前だ。漢字で海、月、と書くのだろう?」
「ん? あ、ああ、そうだ」
 つまり、くらげだ、なんて口が裂けても言えない。
「つまり、くらげだ。確かにわたしの格好から見て、言い得て妙だと感心した」
 激しく吹いて、咳き込んだ。
「どうした、大丈夫か」
「あ、ああ。だ、大丈夫だ」
 てか、気付いてて、更に感心してたのかよ。
「ふむ。では、一緒にシャワーを浴びよう。これは、なかなか気持いいぞ。南の国で浴びた雨のようだ」
「いや、知ってるけど、って、おい! ちょっ」
 俺は彼女に腕を引っ張られ、バスルームに連れ込まれた。

 風呂場から出て、お互いの身体を拭きっこする。
 そして時々キス。
 彼女のぼんやりした瞳が、俺を見つめる。
「人間と触れ合うのが、こんなに気持良いとは知らなかった。ありがとう。感謝する」
 俺は服を着ながら、答える。
「今まで、一度も人に触った事、ないんだっけ」
 彼女は、脱衣所の上に浮かんでいた、例のガスのような服を手に取り、身に纏う。
 ほとんど服としての機能を果たしていないと思うんだけど。
「そうだ。記憶にある限り、一度も人間に触れた事はない」
 そう言う彼女は、寂しそうな顔に見えた。
「人間は、わたしと似ているが違う生物だ。人間は、そういうものを一番、嫌う。だから、怖かった」
「じゃあ、なんで俺と……?」
 また、小首をかしげた。
「解らない。ただ、キミヒロは……優しそうだった、からかも知れない」
 ミヅキは、この広い世界を長い時間、生きてきたんだから、そんなヤツはいくらでも居ただろうに……。
 だが、それ故に彼女の言葉は重かった。
「それって俺が世界で一番、優しい男って事?」
 おどけるように言ってみる。
 彼女は、俺のほうを見て頷いた。
「うむ。少なくとも、わたしにとっては、そうだ」
 俺は真っ赤になった。
「ああ、そそそか、よかったよ、うん。じゃ、じゃあ、会社に行ってくるよ」
 俺が急いでカバンを手に玄関に向かうと、肩を掴まれた。
「うむ。行ってらっしゃい」
 ふわりと、飛んで。
 軽くキスをしてきた。
 こんな新婚さんみたいな事、千夏といた頃も、した記憶はなかった。
 彼女は唇を離すと目を細めた。
「待ってる。がんばって来てくれ」
 その真っ直ぐで素直な言葉に、俺は心を打たれた。
「あ、ああ! 行ってくる!」
 扉を閉めて、廊下に出る。
 朝日がまぶしい。目に染みる。
 風が気持いい。深呼吸した。
 なぜ溢れるのか、よく解らない涙が流れた。
 やって来たエレベータには、幸い誰も乗っていない。
 俺は乗り込むと、ハンカチで目頭を拭いた。
 男なんて単純な生き物だな、と自嘲気味に笑いながら。


2◆失うもの、得るもの へ  3◆好きなものは、好き。 へ  4◆甘口タルト へ  5◆ぬくもりの居場所 へ
●topに戻る   
連作のトップに戻る

 
 
 
 
 
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー